商品について

Q注文から納品までどれくらい時間がかかりますか?
Aご入金確認後、1~2営業日以内に発送いたしております。
Q学校・図書館などで購入できるDVDはありますか?
Aライブラリ版という、著作権処理されているDVDがございます。 詳細は事務所までお問い合わせください。

配送について

Q配送業者はどこですか
A現在、ヤマト運輸のみのお取扱いとなります。配送業者のご指定も可能ですので、ご希望あればご注文の際に、その旨ご記載ください。
Qお届け地域について教えてください。
A全国へお届けいたします。

返品・交換について

Q商品を返品したい
A商品が不良品の場合、または誤配送の場合のみ、返品をお受けいたします。お客様都合での商品の返品は承れません。あらかじめご了承ください。
Q商品を交換したい
A商品に不備があった場合のみご対応させていただきます。誠に申し訳ございませんが、お客様のご都合による交換は出来かねます。あらかじめご了承ください。

戦争のつくりかた DVD

¥ 1,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 540円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

『戦争のつくりかた』アニメーション特設サイト
http://noddin.jp/war/

7分半の平和の話※

映像作家など40人のクリエイターが力をあわせて完成した『戦争のつく りかた』のアニメーション。 WEB で公開されると瞬く間に30万回再生。 大きな反響の中で「上映会で使用出来ないか」「若い人たちにもみて欲 しい」というご要望を数多くいただき、上映権付きDVDを緊急発売しま した!

学校や職場、地域など上映会や勉強会や催しものなど、皆さまの身近なところでこのメッセージを伝えてください

※朝日新聞(2015年10月2日 掲載記事より引用



【DVD詳細】
◎収録内容 『戦争のつくりかた』アニメーション
3バージョン(字幕無し、日本語字幕版、英語字幕版)
◎定価 1,000円(税込)
◎総収録分数 22分48秒(各 7分36秒)
◎仕様 リージョンフリー/COLOR/MPEG-2/複製不可/ 無許諾レンタル・中古販売禁止/16:9 LB/NTSC 日本市場向
◎原作 りぼん・ぷろじぇくと『戦争のつくりかた』(マガジンハウス)
©戦争のつくりかたアニメーションプロジェクト 2015
配給 ぶんぶんフィルムズ
※鎌仲ひとみ監督作品ではございません。

下記特設サイトより

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みなさま、『戦争のつくりかた』という絵本は知っていますか?

これは2004年、この国が戦争へと近づいていくのではないかと気づいた人たちによって制作された「絵本」です。
しかし、この絵本をいま開くと、驚くべきことに、いまの日本や私たちの日常はその絵本に描かれている 「戦争へと導かれていく国」の姿へと日々近づいているように思えます。

終戦70周年を迎えた2015年、新たに戦争の悲しみと不条理を繰り返してはならないと考えた私たちは、 この物語を広く伝えるためにアニメーション映像化しようと考えました。

3.11の東日本大震災とそれにまつわる福島原発事故をきっかけに立ち上げられた映像作家やアーティストたちの集団「NOddIN(ノディン)」が中心となって、日本の数多くのアニメーション作家と共に「絵本の言葉をリレー形式でアニメーション化する」という自主制作のプロジェクトが始動し、構想期間を含めのべ1年以上の制作期間を経てこの短編映画を完成することができました。

私たち日本に住む国民は、約70年、直接には戦争を経験していない国の中で生きてきました。しかしこのまま行けば、次の世代が戦争を経験することになってしまうかもしれない。
戦争を知らない世代が、自分たちの都合や責任感の無さによって、次の世代に戦争を押し付けてしまうことになるかもしれないのです。

わたしたちはそれぞれにいろんな立場があります。
でも、どんなに政治的な議論をしても、それぞれの解釈を持ってしても、「戦争をしてはならない」という想いだけは、誰もが疑いなくイエス!と言えるものであると思っています。

憲法で戦争を放棄すると決めた国、日本。
大きな犠牲のもとに築かれたこの平和な70年という遺産を、次の世代にきちんと手渡しできるかは、私たちひとりひとりが一歩を踏み出せるかどうかにゆだねられているのです。

この作品に協力してくれた数多くの人々に感謝を込めて。
そして、この物語が、多くの人の心に触れ、平和の礎の一つになることを願って。

2015年10月2日
チーム 一同