商品について

Q注文から納品までどれくらい時間がかかりますか?
Aご入金確認後、1~2営業日以内に発送しております。一部地域を除き、1週間以内に納品となります。
Q学校・図書館などで購入できるDVDはありますか?
Aライブラリ版という、著作権処理されているDVDがございます。 詳細は事務所までお問い合わせください。info@kamanaka.com

配送について

Q配送業者はどこですか
A現在、ヤマト運輸のみのお取扱いとなります。配送業者のご指定も可能ですので、ご希望あればご注文の際に、その旨ご記載ください。
Qお届け地域について教えてください。
A全国へお届けいたします。

返品・交換について

Q商品を返品したい
A商品が不良品の場合、または誤配送の場合のみ、返品をお受けいたします。お客様のご都合での商品の返品は承れません。あらかじめご了承ください。
Q商品を交換したい
A商品に不備があった場合のみご対応させていただきます。誠に申し訳ございませんが、お客様のご都合による交換は出来かねます。あらかじめご了承ください。

「カノンだより」Vol.4 DVD

¥ 3,300

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
Customers can choose the shipping method at time of purchase.
  • クロネコDM便

    基本的にはDM便でのご配送となります。場合により別の方法で配送となります。

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan 370JPY
  • Overseas

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan 1,000JPY

*Japan domestic shipping fees for purchases over 10,000JPY will be free.

Report

「カノンだより」Vol.4

“保養”が子ども達の命を守る! ~日本とベラルーシの現場から~

2015年公開作品『小さき声のカノン-選択する人々』制作現場からのレポート「カマレポ」を収録!
自主上映会も開けるDVDシリーズ第4弾!!

映画本編にはすべて未収録な貴重な映像
+「小さき声のカノン」予告編を収録!

映画の予習にも最適なこのDVDでお気軽に上映会を企画してみませんか?


【あらすじ】

●カマレポno.12
つながるチカラ ~関西ミーティング編(11分半)
東京電力福島第一原発事故から、多くの母たち、女たちが「子供たちを放射能から守る」ため、保養・自主避難・支援を行ってきた。その活動を繋げる「子供たちを守る全国ネットワーク」の活動の関西ミーティングの模様をレポート。

●カマレポno.13
若い女性が発信する福島の今 (9分)
”ふくしまの女子”が暮らしについて考え、さまざまな情報を発信する「女子の暮らしの研究所」。彼女たちが主催する福島を巡る“Re:tripツアー”。飯館村の大量に積まれた除染土。津波被害から復興しない町。ツアー参加者が目にする、福島の今とは。

●カマレポno.14
母であることーその思い(14分半)
原発事故後、子供たちの体調の変化を感じ、新潟に母子避難した磯貝さん。国の指定区域以外から県外への避難者に対し、補償はほとんどない。その中で暮らす厳しさと憤りを抱えながら、子供を守りたいという思い。そして、母子とは離れて暮らす夫であり父の思い。

●カマレポno.15
それぞれの自主避難(13分)
事故前から原発廃炉を訴える”ハイロアクション”に参加してきた宇野さん。京都へ母子で移住した。夫も、仕事場と京都を往復する2重生活を送っていた。新生活を送りながらも「避難者であり続ける」ことの意味とは。

●カマレポno.16
言葉ではなく生き方で ~荒木田さんの場合~(12分半)
社会学者の荒木田岳さんをレポート。「美味しんぼ騒動」で渦中の人となった当時、何が起きていたのか。母子避難をする家族から離れ、福島で暮らしながら現状の異常な状態を訴え続けている。そして、荒木田さんが貫く生き方とは。

●カマレポno.17
peach heart:女子の気持ちを掬いとる(12分)
故郷の福島で「本音で繋がる場作り」を目指して“peach heart”を立ち上げた、鎌田千瑛美さん。本音で語りづらい環境の中で、どうやったら繋がって行けるのかを模索し続けている。“女子会”で聞こえてきた、子供でも母親でもない若い福島の女の子達の本音は?

●カマレポno.18
市民科学者 ~ベルラド研究所の取り組み~(12分)
チェルノブイリ原発事故以降、民間で放射能、被ばくの研究を重ねてきたベルラド研究所。親子2代に渡り所長をつとめてきたオシペンコさんのインタビュー。ベルラド研究所がサポートする保養前後に行う内部被ばく量の測定。そして、技師、保養担当者が語る真実。

特別収録:「小さき声のカノン」予告編(2分)
製作:ぶんぶんフィルムズ
発売・配給:環境テレビトラスト

2015年/カラー/デジタル/本編85分+予告編2分

*********************
このDVDは上映権付きです。
上映にお使いになりたい方はDVDをご購入の上
http://kamanaka.com/selfscreening/
より必ず事前にお申込ください。
*********************